展覧会のご案内

  • 年間スケジュール
  • 特別展・企画展の展覧会
  • 常設展示
  • 過去の展覧会
  • 出版物
  • 交通アクセス
  • Facebook
  • 年間スケジュール
  • 常設展のご案内
  • かわら美術館周辺「鬼みち」散策マップ

展覧会のご案内

展覧会

2017イタリア・ボローニャ国際絵本原画展

マーライ・マリアン「クジラのバスにのって」
アドルフォ・セラ「ランパ・ラッタンリティクン博士の昆虫世界と自然の驚異博物館」

「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」は、イタリア中北部のボローニャ市で毎年開催されている子どもの本専門の国際見本市、ボローニャ・ブックフェアに併設された絵本原画コンクールの入選作品を展示するもので、当館での開催は今年で10回目を迎えました。
このコンクールは子どもの本のために制作された作品を5枚1組にすれば誰でも応募できることから、世界中の新人イラストレーターの登竜門として知られており、日本からも毎年多くの応募者があります。51回目となる今回は過去最多となる61ヶ国3,368作家の応募があり、本展ではその中から入選した、日本人6名を含む26ヶ国75名(組)の作家の作品を展示いたします。世界の舞台で評価される現在の絵本原画・イラストレーションの世界をお楽しみください。
さらに今年は特別展示として、メキシコの絵本作家フアン・パロミノ(Juan Palomino)を紹介します。パロミノは、2016年にボローニャ展に入選し、同時に「ボローニャ・SM出版賞」を受賞した注目の作家です。また、今年のブックフェアで話題を呼んだ、日本語を知らない読者も楽しめる日本の絵本の選書50冊「見て めくって 感じる 日本の絵本」を紹介します。
また当館オリジナルの企画として、画家・絵本作家である中野真典の絵本『たべたあい』の原画を本展と併せて展示します。中野真典は『おもいで(文・内田麟太郎)』『ほのちゃん』などの著作の他、近年、料理家・高山なおみとの共作絵本でも注目を集めています。どうぞご高覧ください。

*本展は赤ちゃんや小さなお子さんを連れた方、ベビーカーご利用の方が、周囲に気兼ねなく会話を楽しみながらご観覧いただける展覧会です。
お客様のご理解・ご協力をお願いします。

会期 平成29年9月30日(土)〜10月29日(日)
主催 高浜市やきものの里かわら美術館、中日新聞社、日本国際児童図書評議会(JBBY)
後援 愛知県教育委員会、高浜市、高浜市教育委員会、高浜市観光協会、
NHKプラネット中部、名古屋鉄道株式会社
観覧時間 午前10時から午後5時まで(観覧券の販売は午後4時30分まで)
10月14日(土)は鬼みちまつりの開催にともない午後7時30分まで(観覧券の販売は午後7時まで)
観覧料 高校生以上600円(480円)、中学生以下無料
※( )内は前売り、高浜市内居住者または20名以上の団体料金(前売りは9月29日(金)まで実施)
 ※観覧券は当館のほか刈谷市美術館(前売りのみ)、チケットぴあ、サークルKサンクス
  セブン-イレブンでも販売
【Pコード:768-490】(9月29日(金)まで前売り料金、会期中は当日料金)
刈谷市美術館にて本展のチケットまたは半券を提示すると「篠原有司男展ギュウちゃん、“前衛の道”爆走60年」[9月16日(土)〜11月5日(日)]の当日券が200円引きになります。
休館日 月曜日、10月10日(火)
 *ただし、10月9日(月・祝)は開館
 *会期中は火曜日も開館します。

関連イベント一覧

お話会「今のわたし“コドモとオトナの境目って、あるのかな”」

子供の頃に吃音があったという高山なおみさんの原点となる絵本『どもるどだっく』『たべたあい』『ほんとだもん』は、中野真典さんによる絵と出会い生まれました。幼い頃の話、読み聞かせなどを通し、高山なおみさんが今感じている絵本の世界の奥深さを共有します。

撮影:長野陽一

日時
10月21日(土)午後2時30分〜
講師
高山なおみ(料理家・文筆家)/中野真典ライブペイントを午後0時過ぎ〜2時まで実施予定
参加費
無料
募集人数
50名
申込
電話もしくはメールにて受付。メールの場合は、参加人数、代表者名と電話番号を記載してinfo@takahama-kawara-museum.comまで。

ワークショップ「木を削ってちいさな料理へらをつくろう!」

木をカッターで切り、サンドペーパーで削って料理へらをつくります。生活に馴染む自分だけのオリジナルデザインの木へらを作ってみませんか。「ホットプレートで使えるもんじゃ焼きのヘラ?」も選んで作れます。オリジナルの形に自身のない方には、型紙を用意しています。

日時
10月29日(日)午後2時〜4時
講師
久野輝幸(デザイナー)
参加費
500円
対象
中学生以上(*料理の好きな方)
募集人数
25名
持ち物
使い慣れたカッターナイフ、鉛筆(またはシャープペンシル)、消しゴム
申込
電話もしくはメールにて受付。メールの場合は、参加人数、代表者名と電話番号を記載してinfo@takahama-kawara-museum.comまで。

“かわら美術館×ざっくばらんなカフェ” 「いま求められている文化施設、居場所としての図書館」

美術館は美術作品を観るところ、図書館は本を読むところ。文化施設にはそれぞれが担っている機能がある一方で、それ以外に社会の中で果たすことができる大事な役割もあります。文化施設の可能性について一緒に考えます。

日時
10月28日(土)午後2時〜
講師
菊池隆(鎌倉市中央図書館館長)×加藤佐弥香(高浜市立図書館司書)
参加費
無料
募集人数
50名
申込
電話もしくはメールにて受付。メールの場合は、参加人数、代表者名と電話番号を記載してinfo@takahama-kawara-museum.comまで。

美術館で聞く「秋の絵本読み聞かせ」

高浜市立図書館えほんの森読書アドバイザーによる絵本の読み聞かせ。

日時
10月9日(月・祝)
仝畫11時〜 午後2時〜
参加費
無料

ロビーコンサート「トーンチャイムと朗読のやさしい時間」

トーンチャイムのやさしい音色といきいきとした絵本の朗読。音楽と物語の協演をお楽しみください。

日時
10月8日(日)午後2時〜(約50分)
講師
RAKUDAチャイムクワイア(トーンチャイム)《アート・サポート・メンバー》
加藤礼子(朗読)
場所
1階ロビー
参加費
無料

みんなで読み継ぐ絵本! えほん譲渡会

思い出深い大切な絵本を世代や地域を越えて読み継ぐ、えほん譲渡会を開催します。高浜市立図書館「としょかんフェスティバル」と連動し、絵本のある喜びを他者と共有する譲渡会です。絵本をお譲り頂ける方、素敵な絵本と出会いたいと思われる方、みなさんのご参加をお待ちしています。

日時
2017年8月2日(水)から10月20日(金)に市内から絵本を集めます。
10月21日(土)から絵本の譲渡をかわら美術館で始めます。
場所
絵本の収集BOXは下記に置いています。
かわら美術館1階ショップ前 ・ 高浜市立図書館 ・ いきいき広場(3階 文化スポーツグループ)・スギコーヒーロースティング(高浜本店)・カフェ&ベーカリーふるふる。
対象
※絵本はひどい落書きやページ破れのないものをお一人様上限2冊までお譲りください。

夢いっぱいのパン!かこさとし絵本『からすのパンやさん』パン販売

世代を越えて読み継がれる絵本『からすのパンやさん』(かこさとし作・絵/偕成社)は、からすの家族の笑顔と愛があふれるストーリーと、見開きのページに描かれた約80種類のユニークなパンが心に残る名作です。からすのパンやさんのパンを食べてみたい!というみんなの夢を実現するために、今回、パンを再現して販売します。絵本のある人生は豊かです。パンを手に取って夢の世界をご堪能ください!

日時
イタリア・ボローニャ国際絵本原画展開催中
場所
かわら美術館1階レストランOmi
協力
カフェ&ベーカリーふるふる

鬼みちまつりクイズラリー

かわら美術館と森前公園で開催される「鬼みちまつり」にあわせて美術館内でクイズラリーを開催します。館内をまわって問題に答えて景品を貰おう!

日時
10月14日(土)午後3時〜5時 
場所
1階ロビーに集合 
参加費
無料
対象
小・中学生
募集人数
200名(景品がなくなり次第終了します)

ギャラリートーク

学芸員が展示のみどころをご案内します。

日時
10月9日(月・祝)・10月28日(土)いずれも午後1時〜
場所
展覧会会場
参加費
無料(ただし当日観覧券が必要)