展覧会のご案内

  • 年間スケジュール
  • 特別展・企画展の展覧会
  • 常設展示
  • 過去の展覧会
  • 出版物
  • 交通アクセス
  • Facebook
  • 年間スケジュール
  • 常設展のご案内
  • かわら美術館周辺「鬼みち」散策マップ

展覧会のご案内

展覧会

シルクロードの甍(いらか)

−往き交う暮らしと祈り 西安に届いた三州瓦−

西安 大慈恩寺の伽藍の三州瓦
三彩武官俑 唐・8世紀 愛知県陶磁美術館蔵

近年、三州瓦は海外に輸出される機会が多くなっています。
2011年、高浜・碧南地区で焼成された瓦が中国の古都・西安の大雁塔(だいがんとう)を管轄する大慈恩寺(だいじおんじ)の伽藍の一部が新築された際に採用され、三州瓦が国際的に評価されました。
大雁塔は三蔵法師玄奘が唐代にインドから持ち帰った経典が納められていたところで、当時のシルクロードの文化を代表する史跡であり、それを管轄する現代の寺院で三州瓦が使われていることは、三州瓦もシルクロード文化の保存の一翼を担うといっても過言ではありません。

本展は、それらの三州瓦をはじめ所蔵品の中国の瓦を中心に、シルクロード関連の作品も一堂に展示します。異国情緒溢れるシルクロードの文化を紹介するとともに、三州瓦の国際的な意義を考える契機になることを願う展覧会です。

会期 平成30年4月14日(土)〜6月17日(日)
主催 高浜市やきものの里かわら美術館
後援 高浜市、高浜市教育委員会、高浜市観光協会
協力 栄四郎瓦株式会社、創嘉瓦工業株式会社、有限会社石保、山本鬼瓦工業株式会社
観覧時間 午前10時から午後5時まで(観覧券の販売は午後4時30分まで)
観覧料 高校生以上300円(240円)、中学生以下無料
※( )は高浜市内居住者または20名以上の団体料金
※ 75歳以上の方、障がい者手帳をお持ちの方ほか各種割引あり
休館日 月曜日、火曜日、5月2日(水)《ただし 4月30日(月・休)は開館》

関連イベント一覧

シルクロードはスパイスロード「高浜スパイス研究所」

私たちの生活を彩る“スパイス”。古代より薬や香料として重宝され、シルクロードを通り、東洋と西洋の文化をつないできました。カレーやスープなど食を通して身近にあるスパイスですが、その魅力は奥深く、用途や配合、効果は多種多様です。香り高きスパイスを旅するように学ぶ、スパイス研究所にぜひお越しください。
監修:水野仁輔
AIR SPICE代表。カレースター(糸井重里氏命名)。

チャプター1. スパイスを楽しむ 
世界のスパイス&ハーブを30種類展示します。香りと色をお楽しみください。(入場無料・申込み無料)

チャプター2. スパイスを作る、学ぶ 
カレースパイスや紅茶&グラノーラスパイスなど、あなただけのスパイスを調合してみませんか。スパイス調合には、「シルクロードの甍」チケット代(300円)と200円が必要です。

日時
4月14日(土)〜6月17日(日)午前10時〜午後5時

講演会「古都西安とシルクロードの文物」

シルクロードの起点と言われる陝西省西安(唐の長安)について、中国古代の文明が栄えた地としての歴史と、唐三彩や白磁をはじめとする東西交流を示す文物の観点から紹介します。

日時
4月30日(月・休)午後2時〜
講師
田畑 潤 氏
《愛知県陶磁美術館学芸員/専門分野:中国考古学(中国古代)》
場所
3階モノコトギャラリー(予定)
参加費
無料
募集人数
40名(先着順)
申込
電話またはメールにて受付
●電話 0566-52-3366
●メール info@takahama-kawara-museum.com
(メールの場合は、イベント名、参加人数、代表者名、電話番号をご記入ください)

ギャラリートーク

学芸員が展覧会をご案内します。

日時
6月2日(土)午後2時〜
場所
2階展示室
参加費
高校生以上は展覧会チケットが必要です