展覧会のご案内

  • 年間スケジュール
  • 特別展・企画展の展覧会
  • 常設展示
  • 過去の展覧会
  • 出版物
  • re:ART 美術館のある街
  • 交通アクセス
  • 年間スケジュール
  • 常設展のご案内
  • かわら美術館周辺「鬼みち」散策マップ

展覧会のご案内

展覧会

絵画の詩学

笠井誠一「ランプのある静物」1984年
音部幸司「長崎 1965」 1965年

 このたび、企画展「絵画の詩学」を開催いたします。
 私たちは言葉によって思い、考え、他者と意思疎通を図ります。言葉は、日常生活の中で人に想いを伝えるためのコミュニケーションツールである一方で、詩や俳句など感動や共感を与える表現にもなります。
 本展は当館所蔵の絵画と、絵画のイメージに合わせた詩や言葉を併せて展示いたします。小説や詩集には、しばしば読み手のイメージを補助するために挿絵が添えられることがあります。本展はその逆、つまり絵画のイメージを補助、あるいは手がかりとして詩や言葉を添える展覧会です。
 絵画の解釈は人それぞれ自由です。しかし、他者の詩や言葉を通して作品を再度鑑賞することで、各々では感じることのなかった新しい解釈が生まれるかもしれません。美術作品は作家の表現ですが、言葉も使い手の表現です。本展を通して「言葉」と「表現」について考える機会となれば幸いです。

会期 平成30年11月23日(金)〜1月14日(月)
主催 高浜市やきものの里かわら美術館
観覧時間 午前10時から午後5時まで(観覧券の販売は午後4時30分まで)
観覧料 高校生以上200円(160円)、中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金、または高浜市内居住者
* 75歳以上の方、各種障がい者手帳をお持ちの方ほか、割引あり
休館日 月曜日、火曜日、12月25日(火)〜1月3日(木)
{*ただし、12月24日(月・休)、1月14日(月・祝)は開館}

関連イベント一覧

歌集『滑走路』を読む-日常の詩学 講師:稲垣えみ子

何もない日常を捉え、人生の厳しさと美しさを表現する言葉があります。犧瓩鮴僂濬鼎佑詼萋を綴るエッセイで注目を集める稲垣えみ子さんに、日常の表現についてお話し頂きます。また、若き歌人萩原慎一郎さんの歌集『滑走路』を読み深め、三十一文字の世界に映る社会を考察し、日常を表現する豊かさ・難しさについて学びます。

日時
12月24日(月・休)午後2時〜午後3時30分
講師
稲垣えみ子
*1965年愛知県生まれ。元朝日新聞記者。超節電生活とアフロヘアが話題となる。著書に『寂しい生活』『魂の退社』『人生はどこでもドア リヨンの14日間』(東洋経済新報社)、『もうレシピ本はいらない』『アフロえみ子の四季の食卓』(マガジンハウス)など。
参加費
無料(ただし観覧券が必要)
申込
要申込み
電話もしくはメールにて受付。メールの場合は、参加人数、代表者名と電話番号を記載して〈info@takahama-kawara-museum.com〉まで

ワークショップコーナー  『千の言葉よりもあなたの一言が大切だといっても過言ではない!』

展示作品を鑑賞し、それぞれが感じた言葉や詩を紙に書いて展示室内に貼付けます。あなたの言葉によって、観覧者に新しい解釈が生まれるかもしれません。

日時
会期中常時開催
場所
展示室内
参加費
無料(ただし観覧券が必要)

ギャラリートーク

日時
12月15日(土)
1月13日(日)
いずれも午後2時〜
参加費
無料(ただし観覧券が必要)