展覧会のご案内

  • 年間スケジュール
  • 特別展・企画展の展覧会
  • 常設展示
  • 過去の展覧会
  • 出版物
  • re:ART 美術館のある街
  • 交通アクセス
  • 年間スケジュール
  • 常設展のご案内
  • かわら美術館周辺「鬼みち」散策マップ

展覧会のご案内

展覧会

やきもの王国 ―中世猿投窯と常滑窯―

 古代から中世前期まで続いた猿投窯の技術は、周辺窯業地へと伝播し影響を与えました。その中でも瀬戸窯・常滑窯は、日本六古窯(にほんろっこよう)にも数えられ、現在まで続く愛知県の窯業として継承されています。
 常滑窯は、12世紀前半に「山茶碗(やまぢゃわん)」と呼ばれる無釉(むゆう)の碗類の生産により成立し、12世紀中頃には渥美窯の壺・甕生産の技術導入を受け、後の常滑焼の代名詞となる大型の壺・甕の生産が始まったと考えられています。
 鎌倉幕府の成立に伴い、常滑窯製品の生産量は飛躍的に増加し、都市鎌倉を中心に全国的に流通することとなりました。また、平安時代の終わりから鎌倉時代には、京都・鎌倉の寺院の他、旧尾張国の熱田神宮などに供給する瓦生産も担っていました。その一方で、六古窯の信楽窯(滋賀)や丹波窯(兵庫)、越前窯(福井)などの壺・甕生産は、常滑窯の技術がその礎にあったことが明らかになっています。

 本展では、12世紀から13世紀にかけて生産された壺・甕や瓦などを展示紹介します。また、中世を代表する窯業地として君臨した六古窯のひとつ常滑窯を採りあげ、尾張で生産されたやきものから窯業大国「愛知」の源流を検証していきます。

会期 2020年1月18日(土)〜3月22日(日)
主催 高浜市やきものの里かわら美術館
後援 愛知県教育委員会、高浜市、高浜市教育委員会、高浜市観光協会、名古屋鉄道株式会社
協力 京都国立博物館、愛知県陶磁美術館、とこなめ陶の森、今宮神社
観覧時間 10:00から17:00時まで(観覧券の販売は16:30まで)
観覧料 高校生以上400円(320円)、中学生以下無料
※( )内は前売り、20名以上の団体、高浜市内居住者料金
※ 75歳以上の方、各種障がい者手帳をお持ちの方ほか、割引あり
休館日 月曜日、火曜日、2月12日(水)、2月26日(水)
(※ただし、2月11日(火・祝)、2月24日(月・祝)は開館)

関連イベント一覧

「流水香 香炉」陶芸創作

 流水香は、ゆらゆらと流れる煙と香により幻想的な世界を見せてくれるお香です。
 オリジナルの香炉を作って、煙の動きと香りをお楽しみいただく陶芸創作体験です。

日時
企画展「やきもの王国」開催中(1/18〜3/22)の金・土・日で開催
場所
かわら美術館2階 陶芸創作室
参加費
1500円(香炉1点+倒流香3個付き)
募集人数
各日10名
申込
TEL.0566-52-3366

哲学対話「きてみる?きいてみる?みんなのダイアログvol.3」

集まったみんなで、展覧会から感じたこと・考えたこと・ふとギモンに思ったことをゆる〜くお話してみませんか?
みんなとの対話≒ダイアログを通じて、自分では思いつかなかったコトを深め考えてみましょう。

日時
2 月29 日(土)14:00 〜 16:00
講師
安本志帆氏(みんなのてつがくCLAFA 主宰)
参加費
200 円(別途、「やきもの王国」の観覧券が必要)
対象
こども〜おとなまで、どなたでも
※小さなお子様連れの方も大歓迎!
募集人数
20 名
申込
1 月29 日(水)より受付。TEL.0566-52-3366

講演会「常滑焼と中世の器」

日時
3 月7 日(土)14:00〜15:30(13:30〜受付開場)
講師
青木修氏(公益財団法人 瀬戸市文化振興財団)
場所
かわら美術館 3 階講義室
参加費
無料(ただし観覧券が必要)
募集人数
30 名
申込
2 月7 日(金)より受付。TEL.0566-52-3366

ギャラリートーク

 39 年ぶりに展示公開される『三筋壺』(京都今宮神社蔵/京都国立博物館管理)のほか、『三筋文四耳壺』(愛知県陶磁美術館)、『折り端灰釉大甕』(とこなめ陶の森蔵)など、中世(12 〜 13 世紀)の猿投窯と常滑窯の代表的なやきものをご紹介します。また、鎌倉時代を中心に、生活の中で用いられたやきものを絵図資料パネルからご紹介します。

日時
日 時:1 月18 日(土)
    2 月23 日(日)
    3 月14 日(土)  各14:00 〜
場所
かわら美術館 2 階展示室
参加費
無料(ただし観覧券が必要)

「未来からの扉〜 2000 年後のやきもの王国へようこそ!」 ―やきもの王国×柴川敏之(美術家)コラボレーション

どんなコラボレーション?

企画展「やきもの王国」では、ここ愛知という地域が、いかに日本の窯業全体の基礎をつくりながら、その技術・文化を全国へ発信していったか、その軌跡を紹介します。時を超えて、現在に遺されたモノから、過去の人々がどのような暮らしをしていたか、どのような願いをもって生きていたかなどを、想像力を使って考えることは学者や研究者だけに許された楽しみではありません。そこで今回は、現代アートとのコラボレーション企画を実施します。現代アーティストの柴川敏之氏を迎え、「2000年後の未来」の視点から企画展や本館のコレクションを見ることによって、こどもからおとなまでが遺されたモノから想いを巡らせる楽しみにふれる機会をつくり、鑑賞者・利用者のみなさんの想像力を育み、文化人類学やアートへの興味関心を高めます。

(画像:コラボレーション企画チラシ)

日時
1月18日(土)〜3月22日(日) *「やきもの王国」と同時開催
講師
柴川敏之氏(美術家/ 就実短期大学教授)
↓ホームページURL↓
https://www.toshiyuki-shibakawa.com/

「未来からの扉〜 2000 年後のやきもの王国へようこそ!」 ―やきもの王国×柴川敏之(美術家)コラボレーション

こどもワークショップ「2000 年後のやきもの王国を発掘しよう!」

かわら美術館のすぐ目の前、森前公園の地面には、かわらを使った素敵な模様が広がっています。森前公園でアーティストの柴川さんと一緒に“2000年後のやきもの王国”(=愛知)へタイムスリップ!
インクのついたローラーを発掘に使うスコップに、ローラーで写し取った模様(=拓本)を発掘したモノに、それぞれ見立て、未来を発掘する気持ちを想像して楽しみましょう。

〈画像:2000年後を発掘するワークショップの様子〉

日時
2 月9 日(日)13:30 〜 16:00
講師
柴川敏之氏(美術家/ 就実短期大学教授)
参加費
300 円(保険料・材料費を含む)
対象
小学生以上のこどもとその家族
(小学2年生以下の方は保護者同伴)
募集人数
20名
申込
1 月9 日(木)より受付 TEL.0566-52-3366

「未来からの扉〜 2000 年後のやきもの王国へようこそ!」 ―やきもの王国×柴川敏之(美術家)コラボレーション

コラボ・プチ展示「柴川敏之|2000年後の未来旅行」

 私たちの身の回りのモノが2000年後に発掘されたとしたら…
アーティストの柴川敏之さんはこのようなテーマで作品づくりをしています。
 企画展「やきもの王国」会期中、かわら美術館に柴川さんの作品が登場します。過去・現在・未来、それぞれの視点に立ち、想像力を膨らませながら作品鑑賞・展覧会鑑賞を楽しみましょう。

〈画像:柴川敏之《2000年後に発掘された招き猫の化石》〉

日時
1月18日(土)〜3月22日(日) *「やきもの王国」と同時開催
場所
かわら美術館 1階エントランス・3階モノコトギャラリー
参加費
観覧無料

「未来からの扉〜 2000 年後のやきもの王国へようこそ!」 ―やきもの王国×柴川敏之(美術家)コラボレーション

未来の考古学研究者のお仕事たいけんコーナー <未来の発掘調査書> をかこう!

 もし未来の人々が、21世紀の日本・愛知・高浜にあった様々な日用品を発掘したなら、21世紀を生きる人々はそれらをどのように使っていたと予想するでしょう…?未来の発掘隊になったつもりで、<発掘調査書>をかいてみましょう。

日時
会期中の隔週 金・土・日 10:00〜16:30
*20分程度で体験できます。いつでもご参加いただけます。
場所
かわら美術館 1階ロビー
参加費
無料
対象
こども優先・どなたでも

期間限定特別メニュー「中世フランスのお食事コース」

 フランスの中世(5〜15世紀頃)では、どんな食事をしていたのでしょう。
 レストランOmiでは、企画展「やきもの王国」の開催期間限定で中世フランスのレシピを再現したメニューをお楽しみいただけます。高浜市出身の陶芸家・森克徳氏の大皿に盛りつけた限定スペシャルメニューです。

日時
1月18日(土)〜3月22日(日)
場所
レストランOmi(かわら美術館内)
参加費
2300円(税別)
申込
要予約(限定5組/1日)
レストランOmi(かわら美術館内)  0566-52-6566