展覧会のご案内

  • 年間スケジュール
  • 特別展・企画展の展覧会
  • 常設展示
  • 過去の展覧会
  • 出版物
  • まなび・たのしむ・びじゅつかん
  • re:ART 美術館のある街
  • Twitter
  • 交通アクセス
  • 年間スケジュール
  • 常設展のご案内
  • かわら美術館周辺「鬼みち」散策マップ

展覧会のご案内

展覧会

市制50周年・開館25周年記念

永瀬正敏写真展《bloom》

Masatoshi Nagase Photographic works in TAKAHAMA

上から
《 bloom 》
《 想い 》
《 what we need 》
《 反射する影 》
©Masatoshi Nagase

 永瀬正敏は映画への出演を中心とする俳優として、国内外の多くの作品に出演し、高い評価を受けています。その一方で、彼には写真家としての側面があります。青森、奈良、宮崎など日本の各地を撮影した過去の展覧会では、街や自然、住民などの姿を撮ってきました。シャッターを切る瞬間には、戦前に写真師だった祖父の存在をいつも感じるといいます。

 本展では、高浜市市制50周年、かわら美術館開館25周年をむかえる記念の展覧会として、企画に賛同した永瀬が高浜の地を訪れて撮影した作品をご覧いただきます。
 彼はこの街の伝統的な産業である瓦に注目し、古くからの技術を継承・発展させる鬼瓦の職人たちと、現代の技術で瓦を生産する工場の光景を捉えました。また、高浜の風景や人びとの日常を、幻想性を帯びつつもどこか温かみのある、被写体への情感に満ちた写真として映し出します。
 かわら美術館は、三州瓦をはじめとする古今東西の瓦と、それに関連する美術資料を収集・展示することで、高浜と瓦にまつわる文化がどのようなものかを皆様に伝えてきました。新型コロナウイルス感染症が猛威をふるうこの年を、永瀬はありのままカメラにおさめます。
 瓦の伝統と人びとの生活を担ってきた高浜のいま・ここを見つめ直します。


:::::
永瀬正敏 プロフィール

1966年宮崎県生まれ。映画を中心に国内外で活動する俳優であるとともに、写真家として20年以上のキャリアを持つ。主な展覧会に、「Memories of M―Mの記憶―」(みやざきアートセンター、2013-2014年)、「呼吸〜Breath of life〜」(入江泰吉記念奈良市写真美術館、2018年)がある。

会期 2021年1月16日(土)〜3月21日(日)
主催 高浜市やきものの里かわら美術館
後援 愛知県教育委員会、高浜市、高浜市教育委員会、高浜市観光協会、名古屋鉄道株式会社
協力 写真モデルの皆さん、三州瓦工業協同組合、吉浜細工人形保存会、愛知県陶器瓦工業組合、ジェットグラフ株式会社、株式会社写真弘社、株式会社シミズオクト
企画協力 有限会社ロケットパンチ
観覧時間 10:00〜17:00(観覧券販売は16:30まで)
観覧料 800円(640円)
25歳以下無料〈開館25周年記念〉

*( )内は、前売り、20名以上の団体料金、高浜市内在住者
* 75歳以上の方、各種障害者手帳をお持ちの方ほか、割引あり
* 観覧券は当館のほか、チケットぴあ、セブン-イレブンでも販売[Pコード:685-404]
 (12月16日〜2021年1月15日は前売り料金、会期中は当日料金)
休館日 月曜日、火曜日、2月24日(水)
*ただし、2月23日(火・祝)は開館

関連イベント一覧

哲学対話「きてみる?きいてみる?みんなのダイアログvol.6」

★緊急事態宣言の再発出・期間延長を受け、オンライン(zoom)での開催になります★

【対話のテーマ】大切な人
みんなとの対話≒ダイアログを通じて、自分では思いつかなかったコトを深め考えてみましょう。

当日は、写真家・永瀬氏が高浜市周辺で撮影した写真作品の画像データ・展示風景の動画を、館スタッフがzoomでご紹介し、みなさまにご鑑賞いただきます。その後、参加者のみなさまと、作品から感じたこと・思ったことなどを対話し、深めていきます。この対話では、ちいさなお子様からおとなまで年齢を問わず、たくさんの方々と「哲学対話」の実践をされている、安本志帆氏に進行役をつとめていただきます。

日時
2月14日(日)13:00〜15:00(zoom入室は12:45〜)
講師
安本志帆(みんなのてつがくCLAFA主宰)
参加費
200円(26歳以上は本展の観覧券が必要。半券も可能)
対象
こども〜おとなまで、どなたでも ※小さなお子様連れの方も大歓迎!
募集人数
20名
持ち物
アルバム(スマホ等でも可)をお手元にご用意ください
申込
申込フォーム(←こちらをクリック!)にて受付中

おやこでびじゅツウ★「やってみよう!サイアノタイプで写真-現像」

あなたの大切な人・場所・モノなど思い出の写真データを基に、19世紀の写真技術【サイアノタイプ(青写真)】で現像してみましょう。完成後、みんなの思い出の写真について語り合い、楽しみます。
※「永瀬正敏 写真展」をみんなで鑑賞する時間も設けます。

日時
2月23日(火・祝)10:30〜15:00(受付10:15〜)
講師
横山達也(作家/定着する記憶実行委員)
参加費
700円(26歳以上の方は、別途「永瀬正敏写真展《bloom》」の観覧券が必要、半券も可能)
対象
小中学生とその家族
(小学2年生以下のお子様には保護者の同伴をお願いします)
2/10現在空席があります。大人おひとり様のご参加も大歓迎です!
募集人数
20名
持ち物
エプロン・タオル・マスク・昼食
申込
申込フォーム(←こちらをクリック!)にて受付中

トークイベント・広瀬浩二郎氏「世界はいろんなものでできている」

全盲の文化人類学者であり、視覚障害者を〈触常者(しょくじょうしゃ)〉、健常者を〈見常者(けんじょうしゃ)〉に呼びかえ、誰もが楽しめる博物館「ユニバーサル・ミュージアム」に取り組む広瀬浩二郎氏。
自身と交わる世界について、近年の活動を踏まえてお話しいただきます。
みなさんが持っている“感覚”を見つめ直す機会となる講演会です。


*広瀬 浩二郎(ひろせ こうじろう)*
自称「座頭市流フィールドワーカー」。1967年、東京都生まれ。13歳の時に失明。
筑波大学附属盲学校から京都大学に進学。2000年、同大学院にて文学博士号取得。専門は日本宗教史、触文化論。01年より国立民族学博物館に勤務。
「ユニバーサル・ミュージアム」(誰もが楽しめる博物館)の実践的研究に取り組み、“さわる”をテーマとする各種イベントを全国で企画・実施している。
『目に見えない世界を歩く』『さわって楽しむ博物館』(編著)『知のスイッチ』(共編著)など、著書多数。

日時
3月20日(土)14:00〜(受付13:30〜)
講師
広瀬浩二郎(国立民族学博物館 准教授)
場所
かわら美術館 1階ホール
参加費
無料(ただし26歳以上の方は別途観覧券が必要、半券可)
募集人数
50名
申込
1月23日(土)より、電話または申込みフォームで受付
申込みフォーム (←クリック・タップでフォームが開きます)
●電話 0566-52-3366

触る写真(触図〈立体コピー〉による鑑賞)

展示作品のうち、数点の「触図(しょくず)」〈立体コピー〉を制作しました。手や体の感覚とイメージする力で作品と向き合う、視覚に頼らない鑑賞を体験してください。

日時
会期中いつでも
場所
2階展示室にて常設
参加費
鑑賞には観覧券が必要
協力
点字・触図工房BJ

カメラ・オブスキュラ★工作キットプレゼント!

会期中の土日限定で、各日先着3名様に、「カメラ・オブスキュラ」の工作キットを進呈します。
ご希望の方は、2F展示室入口までお越しください。

日時
会期中の土日限定

永瀬正敏 トーク  ※日程延期&オンライン開催(3/21)※

新型コロナウイルス感染症の感染拡大対策として、延期しておりました「永瀬正敏トーク」は、美術館と永瀬氏をオンラインでつないで開催することといたしました。
その模様をYouTubeライブ配信でご覧いただけます。
また、トーク終了後から4月1日(木)17:00まで、動画を公開いたします。

《永瀬正敏オンライントーク》
映画俳優で写真家の永瀬正敏氏が、高浜での撮影や展示作品、写真家としての活動について話します。

●ライブ配信:3月21日(日)14:00〜
●アーカイブ配信:ライブ配信終了後 〜 4月1日(木)17:00まで
●アーカイブ配信URL https://youtu.be/7tP-o4Sb29k

日時
1月16日(土)14:00〜(開場13:30) ※延期※
場所
かわら美術館 1階ホール
参加費
無料(ただし、26歳以上は観覧券が必要〈半券可〉)
募集人数
60名(申込み多数の場合は抽選になります)
申込
申込み受付は締め切りました

映画『光(河鹹照監督)』上映会

『あん』に続き、河鶸篤弔髪弊ダ吃劼再タッグ!珠玉のラブストーリー。
視覚障がい者のための「映画の音声ガイド」の製作に従事している美佐子(水崎)は、弱視のカメラマン・雅哉(永瀬)と出会う。雅哉の無愛想な態度に反感を覚える美佐子だったが…?
2017年製作/102分/G/日本・フランス・ドイツ合作



©2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、Kumie

日時
1月15日(金)・16日(土)・17日(日)
各日10:00〜 12:30〜 14:45〜
(受付・開場は各回15分前から)
場所
1階 シアター
参加費
500円(26歳以上の方は、別途「永瀬正敏写真展《bloom》」の観覧券が必要、半券も可能)
対象
こども〜おとなまで、どなたでも
募集人数
各回40名 ※20名に減員する可能性あり
申込
12月13日(日)より電話にて受付

\募集中/ボランティアスタッフ

映画上映会の受付補助をお手伝いいただける方を募集しています!
「映画鑑賞無料」の特典付き(ご本人様のみ)です。
お誘いあわせの上、ぜひお申込み(←クリック!)ください。

日時
 1月15日(金)・16日(土)・17日(日) 各日
【A】 9:30〜12:30
【B】12:00〜15:00
【C】14:15〜16:30