展覧会のご案内

  • 年間スケジュール
  • 特別展・企画展の展覧会
  • 常設展示
  • 過去の展覧会
  • 出版物
  • まなび・たのしむ・びじゅつかん
  • re:ART 美術館のある街
  • Twitter
  • 交通アクセス
  • 年間スケジュール
  • 常設展のご案内
  • かわら美術館周辺「鬼みち」散策マップ

展覧会のご案内

展覧会

高浜市やきものの里かわら美術館 館蔵品展

浮世絵と日本画 〜広重の視点・日本の美〜

「亀戸天神境内」歌川広重

広重が亡くなる直前まで制作し続けた「名所江戸百景」には、江戸の人々が生き生きと暮らす様子が鮮やかに描かれています。広重は、定火消の家に生まれ、自身も火消同心として勤めていました。火の見櫓からの景色は、空から見下ろす鳥瞰を特徴とした広重の作品に大きく影響を与えたことでしょう。江戸っ子の広重がそこから見た江戸の景色や感じた空気は、鮮やかな色彩の作品を通して現代の私たちに伝えられています。

また、浮世絵と同時に、館蔵品の日本画も展示します。古来より日本の生活様式の中で間仕切りとして用いられてきた屏風、仏教普及のための道具として普及した軸などの形式は、次第に美的感覚を重視した空間演出の役割を担い、日本文化や生活様式に溶け込む形式へと展開してまいりました。

本展では、海外の芸術家にも影響を与えた日本独自の様式・表現方法・色彩美をご紹介し、日本芸術の空間をお楽しみいただきます。

会期 2021年4月3日(土)〜5月30日(日)
主催 高浜市やきものの里かわら美術館
後援 愛知県教育委員会、高浜市、高浜市教育委員会、高浜市観光協会、名古屋鉄道株式会社
観覧時間 10:00〜17:00(観覧券販売は16:30まで)
観覧料 高校生以上300円(240円)、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金、または高浜市内居住者
※ 75歳以上の方、各種障害者手帳をお持ちの方ほか、割引あり
休館日 月曜日、火曜日、5/6(木)、5/7(金)
※ただし、5/3(月・祝)、5/4(火・祝)、5/5(水・祝)は開館

関連イベント一覧

企画展開催期間 限定コラボメニュー

フランス・パリに生まれた画家クロード・モネは、19世紀ヨーロッパで流行したジャポニズムの中でも浮世絵に影響を受け、広重の作品に登場する太鼓橋や藤棚を配した「水の庭」を造りました。また、モネは美食家で、自宅の菜園で野菜やハーブを育て、お気に入りのレシピを書き残しています。
フレンチレストランOmiでは、本企画展開催期間限定のモネのお気に入りレシピを再現した、色鮮やかで華やかなコースメニューをお楽しみいただけます。



【MENU「菜園」コース】
 〇2000円(税込み)
 〇一日限定5食(※要予約)

 ・前菜 : 魚介とハムの菜園風
 ・サラダ : ジュリエンヌサラダ
 ・スープ : ネギとジャガイモのスープ
 ・メイン料理 : トマトソースのチーズ入りオムレツ
 ・デザート : リンゴのタルト
 ・ドリンク : コーヒーor紅茶

日時
4月3日(土)〜5月30日(日)
場所
フレンチレストランOmi
 (かわら美術館内)
申込
0566-52-6566(レストランOmi)

陶芸絵付け体験 〜蕎麦猪口に描く〜

蕎麦猪口は江戸時代から見られる手のひらサイズの器です。本来は料理を盛るための器でしたが、麺類の普及に伴い、主につけ汁用の器として用いられるようになりました。シンプルな蕎麦猪口は、湯呑や小鉢のほか、スープやデザートカップとしても使える器です。
昔ながらの文様やオリジナルデザインを描いてお気に入りの蕎麦猪口をつくってみませんか。

日時
5月26日(水)13:00〜16:00
場所
かわら美術館2階 陶芸創作室
参加費
1000円
(図案資料+材料費+蕎麦猪口1点)
募集人数
10名(先着順)
申込
4月3日(土)より電話予約開始

おやこでびじゅツゥ★「展覧会みてみてレクチャー」

展覧会のみどころや展示作品についての豆知識を、こどもたちにもわかりやすくレクチャーします。
美術館は初めて!のみなさん大歓迎です♪

日時
4月25日(日)13:00〜14:00(受付13:15〜)
参加費
無料
申込
3月25日(木)より電話予約開始

ギャラリートーク

江戸時代の文化や風習が楽しめる浮世絵を中心に、高浜市指定文化財の「浄土図」「六道絵」もご紹介します。
お気軽にご参加ください。

日時
4月17日(土)
5月23日(日)
  各回14:00〜
講師
当館学芸員
場所
かわら美術館2階展示室
参加費
無料(ただし観覧券必要)